« OSAKA布博覧会 | トップページ | ああ、我が母校よ »

2005年6月10日 (金曜日)

夏に最適な素材は?

"お肌の弱い人は綿素材のものを"今やこれは常識。じゃあ、綿100%なら何でもいいの?いえいえ、それがそう簡単にはいかないのですよ。

例えば、夏の代表的素材のクレープとサッカー。パジャマなどによく使われる、凹凸があってカサカサした感じのあの生地。健康な肌の人には、この凹凸が適度な風通しを作り快適なんでしょうけど、アトピーでささくれ立った肌には刺激が強すぎて痛いのです。
それから一見よさそうなブロード。平織りでさらっとしてて肌触りは悪くないんだけど、汗をかくと体にぺったりと貼りつき不快。吸水性はあるけど乾きにくいので湿ったまま。肌が湿っているといつまでも痒いのです。
綿ローンは薄くて涼しいけど透けるので、紫外線も通しやすい。上に羽織るものとしては使えるけど、これ1枚では何だか頼りない感じ。そしてこの頃増えてきたダブルガーゼは、通気性も肌触りも申し分ないけど、洗濯するとすぐにヨレヨレになるし、この上なく縫いにくい素材。

こうして考えていくと、最適な素材はなかなか見つからないのです。私は布が大好きでよく生地屋さんに行きますが、一時間以上探しまわったのに何も買えないということ、よくあるんです。布を引っ張ったり、裏返したり、透かしてみたり、肌に当ててこすったり・・・さんざんいろんなことをしたあげくに買わない。お店の人から見ると、まったく迷惑な客ですよね。このおばさん、いつまでいるんだ?何やってんだ?と思われても、欲しいものはとことん探す。布に関しては妥協したくない!

|

« OSAKA布博覧会 | トップページ | ああ、我が母校よ »

コメント

生地屋さんでもう何年もウロウロしてないことを恥ずかしく思う・・けど、生地屋さんのにおいを思い出しました。 悩んで悩んで買った生地が今も押入れに・・。 トホホ カレーうどんのお話、ありがとうございました。 うまい具合に中途半端に残ったカレーがあるので、早速やってみます。 ほんとは今食べたい気分よ!

投稿: うめジュン | 2005年6月10日 (金曜日) 23時16分

しつこくねばって買った生地でも、お蔵入りになってるよ。買ってすぐに作らないとだめなんだよね。ハギレも入れるとダンボールにして何箱?どなたか引き取っていただけません?

カレーうどんは、薄切り玉ねぎを加えるとシャリシャリしてさらにおいしいよ。

投稿: mayu | 2005年6月11日 (土曜日) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111640/4451671

この記事へのトラックバック一覧です: 夏に最適な素材は?:

« OSAKA布博覧会 | トップページ | ああ、我が母校よ »