« 排水口の掃除 | トップページ | ぬかづけその後 »

2005年7月 2日 (土曜日)

この夏は浴衣でも

髪を後ろでまとめ、大島紬を馴れた感じでさらっと着た
涼しげな方が電車で隣に座られた。
小ぢんまりとしたバッグに風呂敷包み、
紙袋には淡い色調の花束が。
どなたかのお見舞い?それともお墓まいり?などと
勝手に想像したりして。
地味で質素なのに、とても素敵な方だった。

それに対して、向かいのデコラおばさん。
レースゴテゴテの黒ブラウスに高そうなバッグ、
前髪はエクレアが乗ってるかのような不自然なカール。
限りなく暑苦しかった。

いい感じで着物を着られている方を見ると、
私も着てみたいと思うけど、いざとなると面倒くさい。
1人では着られないし、畳むのも億劫。
うちのタンスには、こやしがたっぷり。
祖母の着物、母の着物、私の着物、出番がなくて泣いてるよ。
特にかわいそうなのは、一度も袖を通してない浴衣。
小学生の時は、自分で浴衣を着て自分で帯を締めてたのに
今ではきれいさっぱり忘れてしまった。
なんか情けないね~。
この夏は、ちょっくら頑張ってみましょうかね。

子供の頃、母はよく着物を着てたし、私にも着せたがった。
お正月、七五三・・・着物の思い出はいっぱいある。
呉服屋のおばちゃんとも仲良しで、そこのお宅には女の子が
いなかったせいか、私のことをとてもかわいがって下さった。
着物の色や柄が大好きで、買う気もないのに
時々お店に行っては、見せていただいてたっけ?
「うちにお嫁に来ない?」
「毎日着物なんて、窮屈でやだー」
とむげに断ってしまったけど、ちょっともったいなかったかな、
呉服屋の女将の座。(あちらも本気ではなかっただろうけど)

着物を着こなすには、まず歩き方を変えないとね。
外股で土を蹴って、ばたばた歩いてはいけませぬ。
そーっと、そーっと、動作もゆる~りと。
私の場合、体型的には何の努力もいらないと思うよ。
なで肩で寸胴で重心が低い。着物にはもってこいの体。
顔はもともと江戸時代顔なんで、ばっちりだね。
がさつな動きさえしなければ、何とか形になるはず。

でもでも、着物を着てどこへ行く?
京都でお芝居を見て、鱧料理でも・・・。
どなたか、ご一緒しませんこと?
(できればミッチーと。できんだろ、それは!)

|

« 排水口の掃除 | トップページ | ぬかづけその後 »

コメント

いやん。デコラおばさん。未来の私??
年々キラキラした物やガーリーな物に惹かれていってるの
はやはり年齢・・・いやいや、季節のせいでしょう。
うん、そうだ。

浴衣着て何処かに行くとしたら・・・
私なら花火大会かなぁ。
好きな人となら尚よろし♪
淡い金魚柄の浴衣が欲しい・・・*


投稿: まっち* | 2005年7月 2日 (土曜日) 22時18分

着物姿の女性には惹かれますよ。最近はぽつぽつ見かけるようになりました。mayuさんも、思い切って着物を。

投稿: 流風 | 2005年7月 3日 (日曜日) 05時41分

過剰な装飾、私も気をつけないとね。
レースやリボンのガーリー路線、元々好きだから~。
キラキラもその年齢なら、まだ大丈夫だよ。
最近はかわいい柄の浴衣がいっぱいあるよね。
好きな人と花火大会。
うん、行きたい!ミッチーと(しつこい)。

流風さん、トラックバックもありがとうございます。
秋になったら着物でお出かけに挑戦してみようかな。
帯や帯締めとの色あわせなど、
考えるのは大好きなんですよね。
床に並べた時点で満足してしまって
着用に至ってないのが寂しいねー。

でもまず、草履で歩けるのか?というのが心配。

投稿: mayu | 2005年7月 3日 (日曜日) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この夏は浴衣でも:

» 着物の文化 [日々の風]
最近、着物姿の女性をちらほら見かけるようになった。といっても、毎日見るわけではな [続きを読む]

受信: 2005年7月 3日 (日曜日) 05時43分

« 排水口の掃除 | トップページ | ぬかづけその後 »