« みんぱく | トップページ | インカのめざめ »

2005年11月 4日 (金曜日)

桃太郎と鬼が島

またもや、顔が腫れてしぼんだ。
前回ほどひどくなかったから、外出はそこそこできたが
今朝の顔色は一段と、赤紫度が増していた。
夏以降、月1ペースで腫れがやってくる。
冬の終わりから春までは、月1ペースの嘔吐だった。
この程度の腫れなら、吐くより楽かも。
しかし、何かの症状に出さないと気がすまないのか?私の体は。

アトピーを引き起こす要因、ダニ、ホコリ、食べ物、ストレス・・・
諸説あるけど、結局のところわからないんだよね。
人によって反応するものが違うし、いろんな物の複合だったりするし。
私の場合、心的よりも外的要因の方が大きいような気がする。
いつも露出部分が特に酷くなる。
夏はTシャツの首周りから顔、ハイネックを着る今の季節には
首周りの炎症はなくなり、顎から上の皮膚の色だけが違う。
紫外線かホコリか、そういう何かに反応するんだろうね。
かといって、覆面をして暮らすわけにもいかず・・。

腫れた自分の顔を見ていつも思うこと
「赤鬼って、きっとこんな顔だったんだよ~」
人の顔って、瞼が腫れただけでも怖いでしょ?
額から目頭にかけて腫れてると、もっと怖いんだよー。
笑いたくても、腫れてて痛くてつっぱって笑えない。
必然的に”鬼の形相”に。

ふと思う。
鬼が島の鬼たちは、皮膚病患者だったんじゃないかって。
私は赤くなるタイプだけど、重症アトピー患者には
灰色~緑っぽい顔色の人もいるもんね。
まさに赤鬼、青鬼。

そう考えると、鬼退治伝説の悪者は桃太郎?
悪事を働いていた鬼たちだって、
生きていくために食料調達したかっただけかもしれないのに。
小さな島で静かに肩寄せ合って生きていた鬼たちにとっては、
桃太郎やら犬やら猿やら、どかどか踏み込んで来られて、
とんだ災難だったよね。
な~んて考え、鬼びいきすぎ?

|

« みんぱく | トップページ | インカのめざめ »

コメント

外の部分が弱いのは、大変よね~。
紫外線かもね。気をつけてくださいね。
桃太郎の連想、う~ん、わかる感じです。
悪いのは、桃太郎、そうなんだ!

投稿: アーコ | 2005年11月 4日 (金曜日) 13時41分

紫外線&乾燥?
突然冬がやってきたようで、皮膚がついていけないんだと思う。
ヒーローも見方を変えれば悪者になりうる。
ものごとは、常に他方向から見ることが大切。
って、そこまで大げさな話じゃないけどね。

投稿: mayu | 2005年11月 4日 (金曜日) 18時00分

わたしも昔話の鬼をひいきしたい人です。
桃太郎=悪者説、どっかで聞いたことありますよ。
何だったかな~大陸から渡来してきた製鉄技術者=鬼
彼らの経済力に目をつけて武力制圧したワルモノ=桃太郎
みたいな話。ま、真偽のほどはわからないけどー。
ごめん、mayuさんの記事からズレてるね。
どうかお大事に。

投稿: fatmama | 2005年11月 5日 (土曜日) 13時08分

あー、なんかその話、聞いたことあるような気がする。
鬼=外国人説。
わかるような気がするよ。
大きいし鼻は高いし、毛もいっぱいあるし・・・。
そうだったらますます迷惑な話だよ、鬼退治なんて。

投稿: mayu | 2005年11月 5日 (土曜日) 21時10分

鬼の話で思い出すのは泣いた赤鬼。
なんだか切ない気分になった覚えがあります、、、。

とある皮膚科医のメルマガ読んでたら、
気圧の変動・急激な気温変化でじんましんが出たり
アトピー悪化したりの患者さんがいつもより多かったとか。
その時期、私も朝起きたら前日までほんとに何ともなかった
頬からアゴ回りがぶくぶくヌルヌルしてました。
一週間で回復しましたが、気候もだけど、前日に半日動き回ったのやタバコの煙が充満した所にいたのも影響したかもなぁ…
と思いました。

体が敏感だと常に「変わり目」ですね。
mayuさんおだいじにです♭♭

投稿: makino | 2005年11月 6日 (日曜日) 17時15分

泣いた赤鬼は小学校の国語の教科書に載ってたよ。
どんな話だったっけ?
赤鬼が大粒の涙をぽろぽろこぼしてる絵しか覚えてない。

そうそう、悪化って突然なのよ。
私もその日の夕方まではとても調子がよくて
久しぶりにどこも腫れてない自分の顔を見たなー
なんて喜んでたら、ぶくぶくがやってきた。
今日はかなりすっきりしてるけど、瞼の腫れはなかなかしつこいね。

投稿: mayu | 2005年11月 7日 (月曜日) 16時53分

こども心に不条理さを感じた覚えが~<赤鬼話
教科書に載ってましたっけ。
民話だったのか童話だったのか…。

午後から炎症ではないけれど右頬や右首が
突然かゆく浮腫んできました。寒気でも到来かな??
私の腫ればれピークは20代だったのですが、
確かに瞼は引きにくかったです~。

このしろ婆さんという民話も出てきましたよ(検索)
このしろ、塩焼き食べてみたいなぁ。
調べてみたらコハダの成長したものみたいですね。
バッテラも鯖のことを言うのかと思っていたら
このしろのバッテラも載っていました。
(ブログの掟破り。別レスすみません!!!)

投稿: makino | 2005年11月 7日 (月曜日) 21時30分

このしろ婆さん、ぎゃはは・・なんですか?それは。
ハラワタを出して、そこにお味噌を入れて、きのこや野菜と一緒に
ホイルに包んで蒸し焼き。おいしいのよ~ん。
そういえば大阪のスーパーでもこのしろは見ないね。

週末ぐらいから寒気が到来するみたいよ。お互い気をつけよう!
って言ったって、来るものは止められないんだよね。

投稿: mayu | 2005年11月 8日 (火曜日) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111640/6889306

この記事へのトラックバック一覧です: 桃太郎と鬼が島:

« みんぱく | トップページ | インカのめざめ »