« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火曜日)

ふんぱん

なんじゃこりゃ?
巣鴨地蔵通り商店街マルジで見つけた"ふんぱん"。
血行がよくなるとかで、一時話題になった赤パンに紛れて
ぶらさがってた、浮世絵柄の紳士用パンツ。

ふんぱん・・・・ふんどしとパンツのドッキング。
さずが巣鴨、おもしろいこと考える~と、検索したら、
以前住んでた奈良県橿原市の会社で作ってたよ。

 商品名 『ふんぱん 男子専科・遊び心』 画像

 通気性が良い!! 締め付けない!! 
 昔のふんどしの良さと、トランクスをドッキングさせた商品です。
 特に夏場のムレを防止し、涼しく快適です。

実用新案申請中だって。売れるのか?
ひそかなブームって書いてあるけど、いったいどこで?
この「浮世絵」のほか「道楽ムスコ」 「必勝」などがあります。
ふんぱんマンガも見つけました。

一緒に歩いてた友人に「アメリカへのお土産にどう?」
って勧めたけど、無下に断られたよ。
そして、お土産には5本指ソックスを買って帰りました。
職場では好評だったようです。
ちなみに彼女は、ラスベガスの空港で働いています。
空港で、背の高い(170cm以上ある)5本指ソックスの
日本人女性を見つけたら、それは私の友人です。
「mayuさんのおともだち?」と声をかけてみてね。
でもその前に「靴脱いで」と言わなきゃだめですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日曜日)

おひなさま

2006女雛と





2006雄雛を






2006どういう位置に置くか悩む。
普通は横に並ばせるのだけど、
この形の場合
このほうがかわいい気がする。
陶器のお雛様、変わってるでしょ?   

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年2月25日 (土曜日)

JASMIN

RED ZONEにBELIEVIN'、なつかしすぎるぜー!
特に昨日のJASMINは、今までで最高だった!
やっぱり、日本一のバンドだよ、NANIWA EXPは。

80年代
音に埋もれ、音に追いかけられるように、
ひたすら前を向いて、走り続けていた私。
彼らの音を聴く時、当時の記憶もよみがえる。

「弾かなきゃ」「もっと上手くならなきゃ」
頭にあるのは、いつもそれだけ。
自分の心と体をどんどん追い詰めていったあの頃。
・・・・頑張ったよ、私。もういいよ。
そう思えたのは、音から離れて10年以上たってからだった。

やっと、単なる趣味として楽しめるようになった今、
またもや「弾きたい!」という思いが浮上する。
「う~ん、まだちょっと早すぎるんじゃない?」
「もうそろそろ、やってもいいかなー」
という気持ちが、いつも交差してる。

ちょこっと、リハビリ程度から始めますか~?
でも習ったりすると、歯止めがきかなくなるからなぁ。
やっぱり、もぅちょっと我慢するよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金曜日)

医療費控除

やれやれ、やっと書類が出来上がった。
後は提出するのみ。
毎年莫大な医療費を払ってる私にとっては、
書類作成も恒例のことですが、
初めての人には何が何だかわからないよね。
わかりやすくまとめてあるサイトを探してみました。

「面倒くさそうだから~」「それほど払ってないから~」
と、放っておいてはいけません。
払いすぎたものは、きっちり返していただかなくては!

意外とみなさんご存じないのは、
薬局で買った薬代も控除の対象に含まれるということ。
家族全員の領収書を集めれば、結構な額になるのですよ。
また、領収書を取ることができない交通費なども
その都度記録を取っていればOK。
要は、毎月きっちり整理しているかということなんです。

わからないことがあれば、遠慮せず税務署に行きましょうね。
医療費控除用の書類と説明書をセットで下さるので
それを見ながら記入していくと、思ったより簡単にできます。
インターネットで書類をダウンロードし、
自分で記入して郵送することもできますが、
その場合、不備がないようにとかなり気を遣いますねー。

と、偉そうに説明しましたが、こういうことは馴れなんですよ。
みなさんも、一度行ったらもう大丈夫!
今まで敬遠していた人も、領収書をせっせと集め
次回こそは挑戦してみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木曜日)

夢で失神する

最前列でのライブ。
近っ、めっちゃ近っ!
と思っていたら、突然ステージから降りてきて
私の目の前に・・・・・ううっっ、窒息寸前!
さらにさらに、
歌の途中で抱きつかれて、そのまま気を失った。

ああ、死んだかと思った。本気で。
これが失神というものなのかーーーーー。
現実にこんなことが起こったら
本当に死んでしまうかもしれません。
夢でよかった!

2/26(日)14:00~15:24 『龍馬の黒幕』
ミッチーが坂本龍馬?
イメージ沸かな~い、と思っていたけど
この予告編を見る限り、違和感ないね。
龍馬になっても、ウインクはしっかりしてる~。
ぷぷっ、おちゃめ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水曜日)

韓国古刺繍とポジャギ展

縫い合わせがどうなっているのか気になっていたポジャギ
友人から「チケットが手に入った」とのメールで
さっそく行ってまいりました。
美術館「えき」KYOTO『韓国古刺繍とポジャギ展』

ゆっくりと手間をかけ作られた布と糸。
小さな布まで大切に、つなぎ合わせて伝えられた
韓国女性たちの文化。
これらの作品は、特別な職人さんが作ったものではなく、
日常生活の中から生まれたものだということ。
家族の食卓で、娘の婚礼道具として作られ、
愛情がたっぷり詰まった、オモニからの贈り物。
なんて豊かで温かい暮らしぶりなんでしょう。

今の時代、布も糸も服も、画一的な大量生産で、
それはそれで便利な世の中だけど、
使い捨てにするやるせなさは、どこに行くのだろうか。

自分がものを作る時、たとえ技術は未熟でも
気持ちだけはこもったものにしたい。
そして、ぼろぼろになるまで使っていただければ本望。
布だって糸だって、本はと言えば生き物なんだから。
簡単に捨ててしまえるものは作りたくないなぁと思う。
人間以外の生き物たちへの感謝の気持ちも込めてね。

20062006








刺繍の筆入れ。図案化した植物と蝶がかわいい!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月21日 (火曜日)

講演会より懇親会

”アトピー性皮膚炎に対しステロイドを使わない治療を考える会”
講演会に行ってきました。
(この長い会の名前、なんとかならんかい?)

題目は
「精神ストレスと化学ストレスの皮膚への複合影響について」
今まで医療関係者対象だったものを、
今回からは一般の人も参加できるようにしたということ。
たぶん・・私には理解できないだろうと予測はついてたけど。

想像以上に理解不能。私の思考回路は完全停止。
アルファベットとカタカナの羅列に、脳がパニック。
マクロファージの図に「アメーバーみたいだなぁ」とか、
ストレス負荷実験に使われたマウスたちに同情したり・・。
隣の友人は始まって10分で舟こぎだすし。(おぃ早すぎだよー)

講演最後の質問コーナーで、医師の方々からは
どんどん質問が出てましたね。
とても有意義な講演会だったみたいですが、
私にはやっぱり無理がありました。
患者さんであの話について行けた方はいらっしゃったでしょうか?

講演会の後は懇親会。
どうする?ちょっとだけ出て帰ろうか・・・
と、隣の部屋を覘いたら、
なんとまぁ!立食パーティーじゃございませんか~!
ホテルグランヴィアのパイキングなんて、おいしいに決まってる。
はっはっは、来てよかったねー。
ひさしぶりの先生や初めてお会いするアトピーの方々と
食べてしゃべって満足じゃ~。
私って、つくづく・・・・・パーティー好き!

と、まぁ、何をしに行ったのかわからない講演会だったけど
(お話くださった先生、ごめんなさい)
新しい方と知り合うことができて、とても楽しい1日でした。

ひとつだけ学習したのは、こういう時は名刺が必要だということ。
肩書きもないのに名刺なんて、と思っていたけど、
HPもブログも持っていながら、自分のアドレスを聞かれても
「さあ?」「覚えてないんだよねー」と情けない限り。
次回までには、名刺を作るぞと決意したのであった。
(ほんとに、何をしに行ったのやら?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月曜日)

NANIWA EXPライブ

どなたか、私と一緒に行っていただけないでしょうか~。
NANIWA EXP(浪花エキスプレス)のライブ。
同行予定だった人の都合が急に悪くなり、
1枚余ってしまいました。もったいなーい、5500円。
オークションに出そうかな、とも思ったんだけど、
そういうことはなるべくしたくないんでね。

2/24(金) 大阪BIGCAT(心斎橋駅徒歩5分)
18:30開場 19:30開演
前売り¥5500 当日¥6000 *別途ドリンク¥500

チケット整理番号からすると、
最前列かぶりつきの位置に座れるはずなんだけど。
前売り価格からさらに1割引で、どう?
行くつもりだけどまだチケット買ってない人、どう?

と言っても、
見ず知らずの人がご連絡くださるとは思えないけど・・。
私の友人、知人、連絡を待つ!

大阪に住んでて、何がうれしいかって
NANIWA EXPのライブに何度も行けること。
他地方ではなかなかやってくれないもんねー。
デビュー当時から、しつこくファンしてます。
かっこいい兄さん方だった彼らも、もはや、いいおじ・・。
私も一緒に、いいおば・・だけど、自覚なしです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土曜日)

めぐりあわせ

彼女と出会った時、初めてなのになぜか懐かしさを感じた。
あの時と同じだった。

私の祖母は30代で病死したため、会ったことがない。
「おばあちゃん」と呼んでいたのは後妻に来た祖母で
私とは血のつながりがなかった。
そのせいか、私はおばあちゃんに甘えたこともなければ、
かわいがってもらった記憶もない。
一緒にいても、いつも違和感があった。
全然なつかない孫、さぞかし可愛げがなかっただろう。

そのおばあちゃんへの気づかいからか、
うちには祖母の写真もなかった。
どんな顔で、どんな声で、どんな性格だったのだろう。
もしも生きていたら、私のことをかわいがってくれたのかな。

大人になってから、親戚の家で祖母の写真を見つけた時、
会ったこともないのに、とても懐かしいと感じた。
これが血のつながりというものだろうか。

彼女を初めて見た瞬間、あの時と同じだと思った。
「ずっと前からあなたのことを知っているよ」
そして、不思議なことだけど、彼女もまた私のことを
「娘のような気がする」と言う。
同い年なのに祖母だとか娘だとか、おかしな感覚だとは思うけど。
会うといつも、どちらからともなくハグをしてしまう私たち。
今日は待ち合わせしたレストランと、帰りの大阪駅で。

祖母は物静かで優しいけど、芯の強い人だったと聞く。
ひとことひとことを大切に、言葉を選んでゆっくり話し、
ゆったりとした物腰ながら凛とした彼女に、
まだ見ぬ祖母、そして永遠に会うことのない祖母の面影が重なる。

”癒し”という言葉は、あまり好きではないけど、
彼女といるととても癒される。
人に甘えることの苦手な私が、ついつい甘えたくなる。
心のどこかに、幼い時にかわいがってもらえなかったことが
引っかかっているのだろうか?

もしかしたら、祖母が私たちを引き合わせてくれたのかな。
初めて会った場所が、かつて私の先祖が暮らしていた
京都の姉小路だというのも、何かの因縁かもしれない。

などと、人のめぐりあわせの不思議を強く感じた今日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金曜日)

リンデのビアプレッツェル

2006うわぁ~おいしそぉ~~!
2年ぶりだよ、吉祥寺リンデのドイツパン。
カイザーとプレッツェルとミッチェレと・・
う~ん、あとは名前忘れた。


2006でも、私が好きなのは
こういうライ麦100%のハードなやつ。
酸味があって、チーズやスープに
よく合うのです。
ずっしり重くて「食べた~」って気がするし。

2006そして、一番好きなビアプレッツェル。
材料にビールが入ってるのかと思ったら、
つぶ塩が乗ってて硬いところが、
ビールに合うということみたいです。
この形、人が腕組みをしたところなんだって。
詳しくはここの”パンのお話”を見てね。

関西にはドイツパンのお店があまりないんです。
三宮で見つけたけど、プレッツェルは売ってなくて残念。
どなたか、見つけたら教えてね。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年2月14日 (火曜日)

バレンタインデー

忘れてた!
今日はバレンタインデーじゃないですか?
雨が降ってるし、買いに行くのも面倒だし。

うちにあるチョコレートは・・・・
おっ、アメリカ土産のチョコチップがあるじゃないか。
これでなんとかならんかい?

2006卵1個とバターと砂糖と塩
小麦粉、ベーキングパウダー
量は全部適当。
ヘラでグリグリと混ぜて
お弁当用のカップに入れて
このナッツ&チョコをトッピング。

ここまでの所要時間、約8分。
180度に熱したオーブンで焼くこと10分。

2006こんなんできました。
18分で作ったにしては、まずまず?
味も結構よかったよ。
家庭のおやつなんて、こんなもんで十分!
と、またまた得意の言い訳ですが・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月曜日)

まゆVSまな

今回の東京滞在は、私にとって大きな課題があった。
それは、犬との共存。
常宿にしている友人が、私の大っ嫌いな犬を飼い始め、
それも極度の犬バカぶりで・・・。

生まれてこのかた、触った記憶がないほどの犬嫌い。
こんな私が、5日間も犬と一緒にいられるのか?
あー、困ったことだ。
いざとなったら、どーしても無理だったら、
駆け込める知人宅も確保して、犬との対決に臨んだ。

が、拍子抜け。
足元にまとわりついて来ようと、跳びかかられようと
平気?なんで平気なの?
鬱陶しいなとは思うけど、そんなに嫌じゃない。
帰る頃には、名残惜しいとさえ思うようになった。
犬嫌いで通していた私が、なんてことだ!

こんなことを言うと、犬バカはきっと
「そりゃ、うちのまながかわいいからだよ」
と言い出すに決まってる。
たしかに、かわいいのは認めるけど。

2006こんな子です。
のらくろっぽいです。





2006けっこうおとなしくていい子です。






時々間違えて「こらっ、まゆ!」と
まなに向かって言うのはやめてよね。
私は犬じやないぞ~~!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日曜日)

日本人だから?

2006行きに見た
早朝の富士山。




2006帰りに見た
夕日に照らされた富士山。



富士山を見るとわくわくするのは、日本人だから?
行きも帰りもこんなにはっきり見えたのは初めて。
何かいいことあるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土曜日)

ばっかなやつら

アメリカから一時帰国した友人夫婦の歓迎会、
郷土のふぐちりを囲んでのプチ同窓会となりました。
(これが今回の東京行きのメインです)

友人宅に、大人13人、子供6人、ワンコ1匹。
おお、すごい人数だ。空気うすいよ。
よくぞこんなに集まったもんだ。

高校の同級生が、未だにつるんで遊んでるって、
周りからは奇妙がられるけど・・・・。
本当におもしろいんだよ、この集団は。
特に、学年一(いや、校内一)お調子もんだったK君。
やめてくれ!もう二度と来ないでくれ!
笑い死にそうだから。

みんないい年したおっさんおばさんなんだけど、
こうして集まると、気持だけ高校時代に戻る。
(できることなら、見た目も戻ってほしい)

負けず劣らず、ばっかなやつら!
こんなやつらと、一生つき合っていくのか?と思うと怖いよ。
この集団についていけてる自分が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金曜日)

日暮里繊維街

東京で必ず行かなきゃ気がすまない場所、
それがここ、日暮里繊維街なのだ~!
ディズニーランドでも、六本木ヒルズでもなく、
なぜに、こんなところ?

生地を見てる時の私、きっと目が血走っているだろう。
秋葉原をうろついてるオタクもこんなんだろうか?
フラフラになろうと、脚が攣りそうになろうと、
何時間でも歩き回ってしまう・・・ああ・・ぁぁぁぁ。

前回来た時に買ったのが、いっぱい残っているのに、
また買っちゃったよぉ~。どうするんだよぉ~。

布フェチ?布依存症?ほとんど病気。
ええ、ええ、縫いますともーーーーー!
じゃないと、布さまたちに申し訳が立たぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木曜日)

初めましてのランチ

HP、ブログ、メール・・ネット上でのお付き合いはあるものの、
一度もお目にかかったことがなかった関東のアトピー友達。
突然の”ランチしませんか?”メールに、
みなさん、快く承諾して下さいました。感激です~!

さて、メンバーは
『ワタシきれい・天然生活』の著者であるサハラさん
皮膚科医であり、ご自身も重症アトピー経験者のMIOさん
私とよく似た体質で、サリエモニターもお願いしているmakikoさん。
ほぼ同じ体のサイズ、趣味も似ていて共通点いっぱいのAltoさん

初めてなのに、前からよく知っている人のような不思議な感覚。
いちいち細かい説明をしなくてもわかり合える安心感。
大人になってからの友達は、どこか遠慮してしまいがちだけど、
アトピーという共通項があるおかげで、
たくさんの方と知り合い、いい関係を築くことができるのです。
そういう意味では、アトピーに感謝かなー?
でも正直なところ、制約が多いし辛いことは辛いんだけどね。

ところで、
ご参加いただいたみなさん、生mayuちんはいかがでした?
人からどう思われるかなど、ほとんど考えていない私なので、
失礼な発言も多々あったことと思います。
初対面にも関わらず、ごめんなさいねー。

----------------------------
追記
現在発売中のクロワッサン679号P112に
サハラさんのことが紹介されています。
写真入り、フフフッ・・・。
知ってる人を雑誌で見るのは何だか面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月 8日 (水曜日)

人生急展開

フェリシモ・サリエのデザイナー、Iさん宅におじゃま。
出会った時は、独身でバリバリの仕事人だった彼女が、
今や二児の母だなんて。
たった3年半の間に、結婚して2度も出産?
展開早すぎー!
笑っちゃいけないけど、やっぱりおもしろいよ。

頻繁にお会いしてるわけでもないのに、
一緒にいるとほっとする人、そして元気が出る人。

初対面の日
「この方とは長いお付き合いになりそうな気がする」
と友人に言った通り、ご縁は続行中。
・・というのか、私がしつこく付きまとっているというのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火曜日)

初めてのモブログ

モブログ練習中。
明日から留守にするので、携帯から更新しようかなと思って。
でも面倒くさいから書かないかな。

-----ここからはパソコン

やっぱり、携帯メールは苦手だ~。
字が小さすぎてたまらん!
29才の時から老眼鏡のお世話になってる私ゆえ・・。

明日から5日間、書くとしてもメモ程度かな。
で、帰ってから追記しよう。

関東地区のみなさん、ご連絡ありがとう。
私とデート予定の方々、よろしく!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月曜日)

アジアンデザート

2006お餅ですが・・・
ちょっと変わったこんな食べ方いかが?
ココナッツ風味のアジアンデザート。



2006シンガポール土産のカヤ(ココナッツ)ジャム。
舐めてみると、なんとも不思議な食感。
ジャムというより、こしあんだな。
ん?あん?もしやお餅に合うのでは・・・。


予想はピタリ!
ジャムをお湯で溶かして、お餅を入れてレンジでチン。
お手軽なデザートではありませんか~。

クコと松の実をトッピングしてみました。
ゆであずきなども合うかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日曜日)

何を感じますか?

2006作品その1





2006作品その2





2006作品その3





2006作品その4





2006合体させると、こうなります。
なんか・・・
失敗して黄身が流れ出た目玉焼きみたい。
油絵F10キャンバス4枚分、92×106cm。
私の絵の中では大きいほうです。

この絵を見てどんな感じがしますか?
思い出す風景や、気持ち、匂い・・・。
私はあるイメージを持って描いたんだけど、
それはあえて言わないでおいて、
何を感じるかを教えてほしいんだけど。
「なーんか、へんなのぉ~」でもかまいません。

ご感想お待ちしております。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土曜日)

着せ替え手帳

2006スケジュール帳に服を着せてみました。
ペンを入れるところもつけたけど、
飛び出してて、なんか邪魔。
ないほうがよかったかも。

2006年末に美容院でいただく薄型手帳。
持ち歩きに便利で助かってます。
毎年同じ形なので、
カバーも使い回しできるんですよ。
来年もこのデザインでよろしくーー!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金曜日)

余寒お見舞い申し上げます

2006友人から届いたステキなポストカード。
"余寒お見舞い"
こんな言い方があることを初めて知りました。


私より5つぐらい(もっとかも)年下なんだけど、
言葉づかいの大人っぽさに、いつも感心してしまいます。
というより、私が幼いのでしょうね。

イラストも本人作のようです。
季節感のあるカードをいただくとうれしいね。
メールは簡単で手っ取り早いけど、
私もたまには、こういうこともしてみようと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木曜日)

講演会のお知らせ

前はよくこういう講演会に行ってたけど、
近頃ご無沙汰してました。
だって、勉強したって、わかったからって
治るわけじゃないんだしーーーー。
な~んて、へそ曲がりなことを言わず、
久しぶりに行ってみようかな。
玉ちゃんいるし。
木俣先生もおもしろい方だとうかがってるし。
(見物気分ですみません)

------------------------------------------

アトピー性皮膚炎に対しステロイドを使わない治療を考える会

題目「精神ストレスと化学ストレスの皮膚への複合影響について」
 
2006年219()13001500
ホテルグランヴィア大阪 20階「孔雀の間」(JR大阪駅内)

代表 木俣肇先生    守口敬任会病院アレルギー科 
司会  玉置昭治先生  淀川キリスト教病院附属クリニック所長
講演 中野ユミ子先生 大阪府立公衆衛生研究所
      
参加費 2000円 
-------------------------------------------

申し込みの必要はないそうですが、
大盛況で入れなかった場合どうなるのでしょう?
ま、近いので、とりあえず行ってみることにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »