« NANIWA EXPライブ | トップページ | 韓国古刺繍とポジャギ展 »

2006年2月21日 (火曜日)

講演会より懇親会

”アトピー性皮膚炎に対しステロイドを使わない治療を考える会”
講演会に行ってきました。
(この長い会の名前、なんとかならんかい?)

題目は
「精神ストレスと化学ストレスの皮膚への複合影響について」
今まで医療関係者対象だったものを、
今回からは一般の人も参加できるようにしたということ。
たぶん・・私には理解できないだろうと予測はついてたけど。

想像以上に理解不能。私の思考回路は完全停止。
アルファベットとカタカナの羅列に、脳がパニック。
マクロファージの図に「アメーバーみたいだなぁ」とか、
ストレス負荷実験に使われたマウスたちに同情したり・・。
隣の友人は始まって10分で舟こぎだすし。(おぃ早すぎだよー)

講演最後の質問コーナーで、医師の方々からは
どんどん質問が出てましたね。
とても有意義な講演会だったみたいですが、
私にはやっぱり無理がありました。
患者さんであの話について行けた方はいらっしゃったでしょうか?

講演会の後は懇親会。
どうする?ちょっとだけ出て帰ろうか・・・
と、隣の部屋を覘いたら、
なんとまぁ!立食パーティーじゃございませんか~!
ホテルグランヴィアのパイキングなんて、おいしいに決まってる。
はっはっは、来てよかったねー。
ひさしぶりの先生や初めてお会いするアトピーの方々と
食べてしゃべって満足じゃ~。
私って、つくづく・・・・・パーティー好き!

と、まぁ、何をしに行ったのかわからない講演会だったけど
(お話くださった先生、ごめんなさい)
新しい方と知り合うことができて、とても楽しい1日でした。

ひとつだけ学習したのは、こういう時は名刺が必要だということ。
肩書きもないのに名刺なんて、と思っていたけど、
HPもブログも持っていながら、自分のアドレスを聞かれても
「さあ?」「覚えてないんだよねー」と情けない限り。
次回までには、名刺を作るぞと決意したのであった。
(ほんとに、何をしに行ったのやら?)

|

« NANIWA EXPライブ | トップページ | 韓国古刺繍とポジャギ展 »

コメント

一般の人も参加できるようにしたのなら内容も一般人に理解できるようにしてほしいですね。きっと私も???だったと思います。根っからの文系なので。
懇親会が有意義なものとなって良かったですね。新しい出会いは新しい世界を見せてくれますものね。

投稿: くりぼうママ | 2006年2月23日 (木曜日) 21時04分

理解できないのは仕方ないとして・・・
こうしてアトピーに一生懸命取り組んで下さる方々が
いるのだということ、とても嬉しかったのですが、
参加医師は15人ぐらい?
東京や福岡の先生もいらしてたけど、
それにしても少なすぎじゃないですかー。
みんな”ステロイドを使う治療”しか頭にないのでしょうか。

投稿: mayu | 2006年2月24日 (金曜日) 12時44分

NHKの「きょうの健康」でアトピーについて特集していましたが全体として「ステロイドの塗り薬をきちんと使いましょう」という内容でした。皮膚科の先生だったからかしら?皮膚科と小児科でも考えは違うし、関東と関西でも違うようだし(関西の方が非ステ派が多いと聞きました)、皮膚科の中でも意見が分かれるんですね。親としては悩んでしまいます。
結局は自分の子どもに合うかどうかなのでしょうが、その結果がでるのは先のことだし、う~~~ん悩みはつきません。

投稿: くりぼうママ | 2006年2月28日 (火曜日) 20時45分

「きちんと使う」と言うのは簡単だけど、どの程度のものを
どのくらい使えばいいのかなんて、素人にはわからないよね。
私も何十年もかかってやっと自分なりの対処を覚えました。
関東にも数少ないけど、ステロイドを極力使わない治療を
されている先生はいらっしゃいますよ。

結果がでるのは先のこと・・まさにその通り。そこが怖いんだよ。
私は高校生のころから十年ぐらい使ったステロイドを止めるのに
10年以上かかったし、その間の体験は壮絶でした。
あんな思いをする人が1人でも減って欲しいと願います。

投稿: mayu | 2006年3月 1日 (水曜日) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111640/8756769

この記事へのトラックバック一覧です: 講演会より懇親会:

« NANIWA EXPライブ | トップページ | 韓国古刺繍とポジャギ展 »