« 2006年2月 | トップページ | 2011年8月 »

2006年3月31日 (金曜日)

ブログ移転

下の認証文字の配慮のなさに、無性に腹が立ち
移転することにしました。
新ブログはこちらです。
ここに比べると、とてもさっぱりしてます。

このテンプレートには愛着があるけど、
そのまま持っていくわけにはいかないんだよね。
新しいところ、使いにくかったらまた戻ってきたりして・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木曜日)

読めません

2日前から、コメントをつけようとすると
20060330

こういうのが表示されると思います。
スパムコメント防止のためらしいですが
はっきり言って鬱陶しいです。
面倒くさくて誰もコメントつけてくれないよ。

それに・・・、これは読めないです。
目の手術をしている私には、
「i」と「r」、「1」と「l 」、「0」と「O」など
たたでさえ判別しにくいのに、
線や点で邪魔されると、ますます読めません。

目に問題ある人はパソコンするなってこと?
かなり怒ってます。

そして、2日たってもまだ本文が表示されない。
どうなってるんだーーーー!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水曜日)

なによ、これ

長い長いメンテナンス終了。
なのに今朝から本文が表示されなくなった。
と思ったら、左のかなり下のほうへ。
どこがバージョンアップなんだーーー!
あきらかにダウンだよ。
というより、使えないよ。

ニフティーさん、前回といい今回といい、
どうしてくれるんでしょうか?この事態。
今ごろきっと、苦情殺到だろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火曜日)

長い!

ココログのメンテナンス、やっと終わったようです。
長いよ~ほんとに。
でも今日は家にいかなったからいいんだけどね。

管理用の画面がすっきりしたような気もするけど、
どこがどうなったのか、よくわからないよ。
アクセス解析できるのかと思ったら、来週からみたいだし。
前回もみなさん怒り爆発してましたが、
仕事や有料でココログを使ってる人はたまらないよね。
長いし、回数多いし・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月曜日)

たらの芽

2006 たらの芽、舞茸、桜えびの天ぷら。
うちでは滅多に出ない揚げ物メニュー。
私は天つゆではなく、塩派です。

2006残りは翌日のお昼、天ぷらうどんとなりました。
たらの芽は天ぷらしか思いつかないんだけど、
おいしい食べ方をご存知だったら教えてね。

春に苦味のある旬のものをいただくと
毒出し効果があるって聞いたような・・・・。
最近デトックスが流行ってるようだけど、
体の中に毒ってそんなに溜まってるのかな?
尿や便や汗では、出ないの?
私は出す前に、まず取り込まない努力をしたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金曜日)

オリジナルT 3号

2006

前回の塩沢トキよりは
いいんじゃないかと・・。
左右の袖口の色が違うのはわざとです。
布が足りなかったわけじゃないよ~。

2006着るとこんな感じ。
胸部分は布縫いつけアップリケで
ノーブラでもOKよん。
図案に考慮の余地はあるけど、
一応目的だけは果たせたかな。

2号で使ったアイロンプリントシートは、
水に浸けると剥がれやすいことがわかりました。 
乾いてまたアイロンすればくっついたけど、
Tシャツにいちいちアイロンかけるのもねーー。
ということで、シート案はボツ。
今回は布をしっかりと縫いつけたので、
洗濯機でも大丈夫だったよ。

上の着用写真、鏡に写して携帯で撮りました。
すると、うまい具合に顔が隠れました。
ちなみに・・・・この携帯、ミッチーとおそろ。
機種も色も同じなのだ~偶然。びっくりしたよ。
やっぱり、好みが似てるのね。うふっ、うふっ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年3月23日 (木曜日)

ネギだらけ

2006単なる焼きネギも
この盛り付けだと、ちょっとおしゃれ?
ネギ、えのき、油揚げ、を黒ゴマダレで。


2006ネギと納豆と卵をぐりぐりしている時
「焼いたらおいしいかも」と、ひらめいた。



イメージはお好み焼き風だったけど
ぐちゃぐちゃになって、粘りのあるチャーハンに。
やや失敗作。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水曜日)

大根だらけ

2006●ブリ大根
大好き青魚!特にアラが。
一緒に入れたネギもおいしかった。


2006●ジャコと大根のサラダ
細切り大根の上に、
カリカリに炒めたジャコと
刻みノリを乗せてポン酢で。

2006●なまこおろし
これも好物、なまこ。
おいしい大根おろしで味が引き立つ。


呑まないのに、毎日こんな酒のアテのような物ばかり。
小料理屋"繭"でも始めようか。
子供の頃から、このおっさん風味覚は変わらず。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火曜日)

白菜だらけ

白菜の使いまわし

2006●まずは夕食のおかず
少量の水に白菜と人参を入れ蒸し煮。
出して絞ってゴマ和えに。


2006●翌朝のスープに
上の煮汁に牛乳とコーンを加え
塩コショウで味付け。
小麦粉か片栗粉でとろみをつける。

2006●3日目の昼食
煮詰まっていい感じになったスープに
茹でたパスタを混ぜてブロッコリーを。
こうすると、お鍋もきれいになるのです。

家事の基本は、いかに手早くすませるか、だよね。
これは"手抜き"とは違いますよ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月曜日)

ほうれん草だらけ

下の産直のおいしい野菜たちの変身です。
今日から1週間ぐらいこのネタかもしれません。

2006●ほうれん草と白菜の卵とじ
煮て卵でとじたただけ



2006●ほうれん草の白和え
ゆでたものを
豆腐と味噌と胡麻で和えただけ


2006●ほうれん草の卵巻き
卵焼きの芯にしただけ



なんの工夫もない普通の料理たち。
でも、おいしいよ~。(と思ってるよ、自分では)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日曜日)

産地直送おいしいものたち

2006見るからにおいしそうでしょ?
人参、大根、ほうれん草、白菜、
ブロッコリー、ねぎ、味噌、米。
「野菜が出来すぎたからもらって」なんて、
農家の友人を持って、私は幸せだよ~!

ここんちのお米は、獲れた後に天日干しするんだって。
炊いた直後はどんなお米でもおいしいけど、
冷めても甘くて柔らかいのはそのおかげ?

田舎のいい土と、いい水と、いい空気で育ったものは
本当にすごい。
そして何十年も作り続けていることは、もっとすごい!
「ありがとよーーーさちこーーーー!!」
(と、こんなにお世話になってるのに、人の親を呼び捨て)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金曜日)

つなぎとめようおさない命

まなちゃんを救う会
のことをfatmamaさんのところで知りました。
昨夜下の記事を書いて、UPしようと思ったら、
もう目標金額に届いてたよ。私やること遅すぎる~。
何のお力にもなれませんでした。
でもよかったね。移植がうまくいくことを祈っています。

今さら遅い記事ですが、
頑張って生きようとしているまなちゃんとご両親のことを
知っていただきたいので、ここに載せておきます。

-------------------------------------------

まなちゃんは生後5ヶ月で「拡張型心筋症」と診断され、
余命半年との宣告を受けました。
助かる道は臓器移植しかありませんが、
日本では認められていないため、
海外での移植手術を受けるしかありません。
受け入れ先も決まっているのですが、手術費、滞在費、
渡航費などを合わせると、1億3600万円が必要です。
もしも募金をすることでお役に立てるのなら、
この小さな命に生きる力を与えてあげたいです。

私は人間にとって一番辛いのは、
我が子が亡くなることだと思っています。
ご両親のお気持ちを考えると心が痛み、
微力ながら応援したいと思いました。

募金は、銀行、郵便局の他、am.pm.でも
受け付けているそうです。
まなちゃんを救う会のサイトをご覧になり
賛同された方は、どうぞご協力下さい。
そしてブログやサイトをお持ちの方はリンクをお願いします。
1人でも多くの人の目にふれることが大切です。
よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木曜日)

きっかけ

まさか、私が目の病気になろうとは。
28才で白内障を発症した。
アトピーが顔面に出ている人はなりやすいとは聞いてたけど、
まさか・・・ね。

ずっと視力が2.0だった私。
見えにくくなったのは、視力が落ちただけだと思っていた。
眼科に行ったら、いきなり「白内障です」だって。

その時は意外にも冷静で
「あ、そう、見えなくなるの?だったら今のうちに」
と、前からやってみたかった油絵を始めた。
自分の目で見えているうちに、
いろんなものを描いておきたいと思って。

私の絵は、色が鮮やか、線がはっきりしているとよく言われる。
「世の中ってこんなに美しかったのか」
白内障の手術の後に感じた気持ちが
無意識に表れてしまうのかもしれないね。
ぼんやりとした世界から、色彩も輪郭もはっきりした世界へ。
突然世の中が明るくなった、あの時の感動は忘れない。

人生、何がきっかけになるかわからない。
もしも白内障になっていなかったら、
”いつかやってみたいこと”で終わっていたかもしれない油絵。
月に2回の教室、のんびりペースだったけど、今年で12年目。
継続は力なり?少しは上達したのかな。

今日から絵画教室展が始まります。
場所は、心斎橋の小大丸画廊です。
昨日の搬入・展示に続き、今日はオープニングパーティー。
結局毎日でかけることになりそうだよ。
この1週間、何とか乗り切ろう!頑張ろうぜぃ、私!!

-------------------------------------

パーティー用の料理、完成!よし、あとは行くだけだ。

2006定番のポテトサラダ

ちょっと牛乳を入れるのがポイント


2006マカロニのホワイトソース和え

このまま焼いたらグラタン?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水曜日)

基地の町の住民投票

先日から、馴染み深い地名を何度も目にする。
米軍部隊の移転問題に伴う、岩国市の住民投票
市民の9割が反対だったという。

私にとって岩国基地は、とても身近な場所だった。
子供の頃に見た飛行ショーはすばらしかったし、
気軽に声をかけてくれるアメリカ兵の陽気さも好きだった。
基地に勤める伯父は、いつも珍しいお土産を持ってきてくれ、
楽しいところだというイメージしかない。

私は米軍基地自体には、何の嫌悪もない。
だけど住民なら、やっぱり反対に入れてしまうかなぁ。
”厚木基地から空母が57機やってくる”
これだけで、何となく”怖い”と思ってしまう。
何がどう変わって、岩国と厚木、日本とアメリカの関係が
どうなるのかよくわからないけど・・・・。

どこかが受け入れなければならないことなのだろう。
でも近くには来て欲しくないというのが正直な気持ち。

この投票結果で、国の方針が変わることはないようだけど、
自分たちの意思を伝えたことには、とても意義があると思う。
もしこのまま進めるとしても、住民の不安をできるだけ、
取り除く努力だけはして欲しいと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火曜日)

ミッチー昼ドラ主役?

いやん、びっくり~!
Yahoo!ニュース ”クドカン昼ドラに初挑戦
が気になってクリックしたら、ミッチーの名前が。

斉藤由貴と夫婦役だって。なんか嫌~~。
でもクドカン好きだから見る~。

マンハッタンラブストーリーもかなりはまったし。
あれは「大好き」か「大嫌い」か
意見がまっぷたつに分かれたけど、
私は好きだったなぁ。
ミッチーが「赤羽ちゃ~ん」と呼ぶ声が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月曜日)

大阪ドーム・キルトウィーク

大阪ドームでのインターナショナル・キルトウィーク
前売り券を買おうと思っていた矢先に招待券が届いた。
以前ブログにも書いた、お母様がキルト作家の友人から。

会期は3/16~18の3日だけ。
私の絵画教室展と重なってるし、うまく行ければいいのだけど。
いえいえ、絶対行きます!
今回はご本人も来られるということなので・・・。
何年ぶりかなぁ、お母様のマシンガントーク(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日曜日)

オリジナルT 2号

2006”キュートな大人”をめざしたつもりが
こんな出来、とほほ・・・・。
塩沢トキのサングラスみたいじゃないか。
私のイラストじゃだめだ~。

2006後ろ右下にも、ちょこっとポイント。
前より、こっちのほうがかわいいよ。


アイロン転写プリントの貼り付け。
夏にブラをするのがつらいので、
こういうのをつければ、ごまかせるんじゃないかな・・と。
でもプリントシートのA4では、胸幅に足りないかもね。

納得いかない結果でも、やっただけの価値はある。
紙に印刷した時よりも、色がきつくなることもわかったし。
ま、今回は”お試し”ということで。
次回は、イラストだけ友人にお願いすることにしよう!
その道のプロたち、頼んだぞ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土曜日)

アボカドのパスタ

2006下のレシピ集から、もう一品。
アボカドをペースト状につぶして、
パスタにからめるだけ。
驚くほど簡単で、驚くほどおいしかった。

レシピでは、
「茹でたパスタを炒めて、つぶしたアボカドをからめて
塩、コショウ、しょうゆで味付け、刻み海苔をふりかける」
だったけど、私の好みにより、
パスタは炒めずに、刻み海苔はレモンに変更。
一緒に茹でた春キャベツも入れてみたよ。

うす緑の小山、青虫が寄って来そうなパスタのできあがり。
そしてパスタとキャベツの茹で汁は、そのままスープに再利用。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金曜日)

もうひとつのおもてなし

2006高野豆腐のつるるん煮

揚げだし豆腐みたいですが、
片栗粉をつけて焼いた高野豆腐なんです。
ふわふわした食感がおもしろい。

友人から送られてきたステキなアトピーコラム&レシピ集
"もうひとつのおもてなし"の中から作ってみました。

文章を少しご紹介 --------------------------

私は時々、人から
「フランス料理やケーキが食べられないなんて、かわいそうね」
と言われます。というのは、私はアトピー体質のため、
制限の多い淡白な食事をしているからです。

でも最近は、野菜、豆、豆腐、海草といった、体によいものを
毎日食べられることは、むしろありがたいことだと思っています。
無農薬の食材にこだわったりできるのも、恵まれたことだと
思います。
またこの頃は、こういう食事にこそ本当のおいしさがある、
と感じられるようになりました。

-------------------------------------------

私もアトピーが酷かった時、しばらく食事制限をしていました。
外食なんてもちろんできなかったし、ケーキやチョコレートなどの
甘いものは、存在を忘れるほど長い間口にしていませんでした。
何でも食べられるようになった今でも、過食をすると体調を崩すし、
油や糖分はやっぱり、私の体には合いません。
でも"食の大切さ"や"食べられることのありがたさ"に気づいたのは
この方と同じように、アトピーのおかげなのです。

我が家の日常の食事は野菜中心で極端に薄味です。
そのほうが素材の味が感じられて、おいしいと思うからです。
また、人が来ても特別なおもてなし料理は作りません。
品数が少し増えるだけで、いつも食べている普通の料理です。
そうするのは、体に負担をかけるようなものを、
お出ししたくないという気持ちもあるからです。

それでもみんなが「おいしい」「元気になれそう」と食べてくれるのは、
世の中が飽食になりすぎて、こういう料理がかえって新鮮に
感じられるからでしょうか?
おいしいもの=豪華のもの、カロリーの高いもの
という時代は、もう終わったのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水曜日)

花粉症にステロイドはいらない!

これは昨年書いた文章(部分抜粋)なのですが、
この時期になると気になって仕方ないので、
もう1度ここに載せることにしました。
全文は私のHP、Mayu’s Roomにてご覧下さい。

----------------------------------------------

数年前ネット上で”花粉症にはステロイド”と、
堂々と書いてあるのを見つけた時には驚きましたが、
最近は耳鼻科でのステロイド注射はよくあることみたいですね。
もちろん良識ある医者は、こんな危険なことはされていない
と思いますが、一時的に症状を抑えるためだけの
ステロイド注射は必要なのでしょうか?

私は25年前から花粉症です。
その頃は花粉症という病名さえ一般化してなかったし、
対策グッズなど何もありませんでした。
春になると鼻水やくしゃみが出るけど、
そのうち治まるので気にも留めていませんでした。
抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤は、アトピー治療のために
皮膚科で処方され飲んでいましたが、それで花粉症が
楽になった記憶はありません。
それどころか、これらの飲み薬やステロイド塗布による
全身薬づけを続けているうちに、日常生活が困難な状況になlり、
完全に薬を止めて生活できるようになるまでには、
13年という長い年月が必要でした。

ステロイドの怖いところは、いつどこに副作用として出てくるか
わからない、そして本人には副作用だという自覚がないことです。
白内障、緑内障、感染症の誘発、免疫力の低下、肝機能障害、
骨粗鬆症、高血圧、高脂血症・・・。
年に一度の注射だからといって、それを何年も続けて
副作用が出ないと言い切れますか?
たった一度の注射で、月経不順が半年続いた例もあるようです。
そこまでのリスクを背負ってまで、鼻水鼻づまりを止めなければ
ならないのでしょうか。
もちろんステロイドが必要な病気もあります。
またステロイドのおかげで命の危険から脱した人もいます。
そういう面ではなくてはならない薬ですが、
私は花粉症にステロイドはいらないと思っています。

今のところ耳鼻咽喉科学会では
”ステロイド注射による花粉症治療は薦めていない”というのが
せめてもの救いですが、薦めてなくてもやってる医者はいるからね。
ステロイド乱用、皮膚科の次は耳鼻科ですか?
もうこれ以上、私たちアトピー患者のように、
不要なステロイド投与による被害者を増やしたくないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火曜日)

桜色の道

私が通った小学校は、背後には小高い山があり、
広い敷地を持つ、とても恵まれた自然環境にあった。
校門までのゆるやかな坂の両側に植えられた桜は、
卒業式には満開になり、入学式にはハラハラと散り、
あたり一面桜色に覆われる。
人の出会いと別れを、長い間見続けてきた桜たち。

実はこの桜の木、私の祖父の発案で植えられたもの。
私が入学する何年も前のことだけど、
当時校長だった祖父が作った桜並木だと聞いている。

その頃を知る先生に、校内で会うといつも、
「あ、○○先生のお孫さん、おじいちゃん元気?」
と声をかけられ、恥ずかしいような誇らしいような、
複雑な心境だったのを思い出す。
人が好きで、お昼休みには子供たちを
校長室に集め、大げさな身振り手振りでお話をし、
みんなが喜ぶのを楽しんでいたという。

祖父が最後に教鞭を取った小学校で、
祖父が作った校歌を歌い、6年間を過ごした私。
なんて幸せな関係だったんだろうと、
今ごろになってしみじみと思う。

祖父に会うのは、お正月とお盆ぐらいだったけど、
行くと必ず私を膝の上に抱っこして離さなかった。
水墨画や書を器用な手つきでシュルシュルっと
書いて見せ、私が驚くのを面白がっていた。
骨董の茶碗や壷、美術関係の本がたくさん置いてある
宝の山のような祖父の部屋が、私は大好きだった。
そして祖父もまた、そんな私をとてもかわいがってくれた。

このごろ・・・・
確実にこの人の血を受け継いでいるのだと感じる。

---------------------------------------------

2006油絵(F20)

ぱっと咲いてぱっと散る
桜の潔さが好き!

3/16(木)~21(火) 11時~19時(最終日は17時まで)
心斎橋の小大丸画廊3Fで教室展を開催します。
お近くにお越しの際にはお気軽にお入りください。
入場は無料です。
個展ではありませんので、私の絵はこれ1枚きりですよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月曜日)

リメイクTシャツ1号

2006




市販のTシャツに別布をくっつけてみた。
無地Tより、かわいいんじゃない?

キッズ130センチ。
前に作った龍シャツの生地を使って、今度は”龍T”
シャツは私のHP Mayu's Roomで見てね。

また、人のお子ちゃまをお試し材料にして・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日曜日)

『ツキノヒカリ』ツアー

あのセットとあの衣装が似合う男は、
日本中探してもあなたしかおりますまい!
ツアー初日ですので、ここでのネタバレは避けますが
本人もかなりお気に入りの衣装みたいです。
(私はサンクチュアリの白いやつが好きですが)

緊張してたの~?
歌詞間違えたりして・・・うふっ、それもまた楽し。

CDでは
「松田聖子かぁ?」「ミュージカルかぁ?」と
いちいち突っ込みを入れてた”あなたしかいない”も
生で聴くとうっとり~。トロトロのメロメロ~。
やっぱ生だよ、ミッチーとビールは。

最後に深々と頭を下げて「ありがとうございました」
といつもご挨拶するミッチー。
お礼を言わなきゃいけないのは、私たちのほうだよね。
いつでもどこでも全力投球のミッチー、らぶっ!

今ごろ静岡のリハ中でしょうか?
静岡ベイベー&男子、頑張ってくれたまえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金曜日)

生ミッチー

明日の今ごろは・・・・。

ベイベー&男子、私のまわりで増殖中。
今までに引き込んだミッチー教の信者、女子6名、男子3名。
明日の神戸は、男子2名と初心者ベイベー同伴です。
しっかりと教育しましたので、失礼はないと思います。
私も先輩ベイベーかをるねぇさんにお世話になりましたから。

今日の大阪は夕方からみぞれが降り、
屋根がうっすら白くなりました。
ベイベー&男子、暖かくしてお越しください。
そしてミッチーも、風邪ひかないようにね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水曜日)

アトピー講演会 追記

先日のブログに書いた
"アトピー性皮膚炎に対しステロイドを使わない治療を考える会”
の講演会。
「立食パーティーが楽しかったのはよくわかったけど、
肝心のお話はどうだったのよ~」のお声をいただき、追記します。
自分でも未消化で気持ち悪かったんだよ、あのままでは。
ただ食べてしゃべって楽しんでただけみたいだもんね。

私のまわらない頭なりに、理解できたことをお知らせすると、

1、ストレスがかかると皮膚表面の細胞の増殖能力が衰える
2、ストレスが高いと、化学物質にも反応しやすい
3、皮膚は炎症を記憶する(同じところに何度も湿疹が出る)

なるほど。自分の経験から考えると、すべて納得できるお話。
じゃあ、ストレスをなくせばアトピーや化学物質過敏症は治るの?
いやいや、それは所詮無理なこと。
どんな生活をしていても、何らかのストレスはあるものだし、
四六時中つきまとってくる痒み自体が、すでにストレスですから。

痒い→ストレス→皮膚への悪影響→痒い→ストレス・・・・・
あ~頭がぐるぐるしてきた。堂々巡りだ。考えるのやめよう!
結局のところ、痒いながらもストレスを発散させる方法を
身につけなければ、いつまでたってもよくならないってこと?
アトピーもストレスも、なくすことを考えるより、
まずはうまく付き合っていくことを考えましょ。

それから、講演内容とは別に私がびっくりしたのは
医療関係の参加者がとても少なかったこと。
全国には沢山の皮膚科医がいるのに、たった30人だなんて~。
落胆・・脱力・・ま、予測はついていたけど、それにしても少なすぎ。

こうしてストレスと皮膚との関係を研究したり、
ステロイドを使わずにアトピー性皮膚炎を治す方法を
本気で考えて下さる方々がいらっしゃることは、私たち患者に
とっては救いなんだけど、もうちょっと増えてくれないかなぁ。
”ステロイドを使う治療”しか考えていない医師ばかりじゃ困ります。
そのほうが楽なのはわかるけどねー。

アトピーに関するHPやブログをやっていると、
”病院を教えて欲しい”というお問い合わせもいただくのですが、
関西以外ではお勧めできる病院があまりないのが現状です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2011年8月 »