« きっかけ | トップページ | 産地直送おいしいものたち »

2006年3月17日 (金曜日)

つなぎとめようおさない命

まなちゃんを救う会
のことをfatmamaさんのところで知りました。
昨夜下の記事を書いて、UPしようと思ったら、
もう目標金額に届いてたよ。私やること遅すぎる~。
何のお力にもなれませんでした。
でもよかったね。移植がうまくいくことを祈っています。

今さら遅い記事ですが、
頑張って生きようとしているまなちゃんとご両親のことを
知っていただきたいので、ここに載せておきます。

-------------------------------------------

まなちゃんは生後5ヶ月で「拡張型心筋症」と診断され、
余命半年との宣告を受けました。
助かる道は臓器移植しかありませんが、
日本では認められていないため、
海外での移植手術を受けるしかありません。
受け入れ先も決まっているのですが、手術費、滞在費、
渡航費などを合わせると、1億3600万円が必要です。
もしも募金をすることでお役に立てるのなら、
この小さな命に生きる力を与えてあげたいです。

私は人間にとって一番辛いのは、
我が子が亡くなることだと思っています。
ご両親のお気持ちを考えると心が痛み、
微力ながら応援したいと思いました。

募金は、銀行、郵便局の他、am.pm.でも
受け付けているそうです。
まなちゃんを救う会のサイトをご覧になり
賛同された方は、どうぞご協力下さい。
そしてブログやサイトをお持ちの方はリンクをお願いします。
1人でも多くの人の目にふれることが大切です。
よろしくお願いします。

|

« きっかけ | トップページ | 産地直送おいしいものたち »

コメント

mayuさんありがとうございました。
募金も大事だけど、「他人事じゃないよね」と共感する人が増えることも大事だと思うので・・・
まなちゃんのような子供がどのくらいいるのだろう、と思うと心が痛みます。

投稿: fatmama | 2006年3月17日 (金曜日) 14時44分

3週間で1億以上の募金が集まったそうで。
幼い命を粗末にしている事件(実の親がやってたりする)の多い中,
なんともほっとするお話です。
うちにもまながいるからなあ。ちょっとコメントしてみました。

投稿: qom | 2006年3月19日 (日曜日) 11時48分

まなちゃん、移植うまくいくこと
私も祈ってます。
病気という辛い現実があっても
応援してくれる暖かい人たちがいるっていう現実。
世の中捨てたものじゃないですね。

ブレツェルン、TBありがとうございました。
私もさせていただきましたのでよろしくです。

投稿: 河紫野 | 2006年3月19日 (日曜日) 12時25分

fatmamaさん
病気を持って生まれた子、生まれてすぐ病気になった子、
世の中にはいろんな子がいるんだよね。
生きるために生きているまなちゃん、どうか成功して欲しいです。

qomくん
まないるね、お宅にも。元気にしてる?会いたいよ、なぜか(笑)
自分の子を殺すなんて考えられないよね。
子供の命は親のものではありません。

河紫野さん
これだけたくさんの人の善意、絶対うまくいくよ。
祈りは通じる!と思いたいよね。
プレッツェル、ここを見てリンデに買いに行かれたんだって?
おお、すごいっ。私はリンデ広報担当?
口コミってこうして広がるのね。

投稿: mayu | 2006年3月19日 (日曜日) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111640/9087271

この記事へのトラックバック一覧です: つなぎとめようおさない命:

« きっかけ | トップページ | 産地直送おいしいものたち »