2006年3月27日 (月曜日)

たらの芽

2006 たらの芽、舞茸、桜えびの天ぷら。
うちでは滅多に出ない揚げ物メニュー。
私は天つゆではなく、塩派です。

2006残りは翌日のお昼、天ぷらうどんとなりました。
たらの芽は天ぷらしか思いつかないんだけど、
おいしい食べ方をご存知だったら教えてね。

春に苦味のある旬のものをいただくと
毒出し効果があるって聞いたような・・・・。
最近デトックスが流行ってるようだけど、
体の中に毒ってそんなに溜まってるのかな?
尿や便や汗では、出ないの?
私は出す前に、まず取り込まない努力をしたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木曜日)

ネギだらけ

2006単なる焼きネギも
この盛り付けだと、ちょっとおしゃれ?
ネギ、えのき、油揚げ、を黒ゴマダレで。


2006ネギと納豆と卵をぐりぐりしている時
「焼いたらおいしいかも」と、ひらめいた。



イメージはお好み焼き風だったけど
ぐちゃぐちゃになって、粘りのあるチャーハンに。
やや失敗作。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水曜日)

大根だらけ

2006●ブリ大根
大好き青魚!特にアラが。
一緒に入れたネギもおいしかった。


2006●ジャコと大根のサラダ
細切り大根の上に、
カリカリに炒めたジャコと
刻みノリを乗せてポン酢で。

2006●なまこおろし
これも好物、なまこ。
おいしい大根おろしで味が引き立つ。


呑まないのに、毎日こんな酒のアテのような物ばかり。
小料理屋"繭"でも始めようか。
子供の頃から、このおっさん風味覚は変わらず。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火曜日)

白菜だらけ

白菜の使いまわし

2006●まずは夕食のおかず
少量の水に白菜と人参を入れ蒸し煮。
出して絞ってゴマ和えに。


2006●翌朝のスープに
上の煮汁に牛乳とコーンを加え
塩コショウで味付け。
小麦粉か片栗粉でとろみをつける。

2006●3日目の昼食
煮詰まっていい感じになったスープに
茹でたパスタを混ぜてブロッコリーを。
こうすると、お鍋もきれいになるのです。

家事の基本は、いかに手早くすませるか、だよね。
これは"手抜き"とは違いますよ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月曜日)

ほうれん草だらけ

下の産直のおいしい野菜たちの変身です。
今日から1週間ぐらいこのネタかもしれません。

2006●ほうれん草と白菜の卵とじ
煮て卵でとじたただけ



2006●ほうれん草の白和え
ゆでたものを
豆腐と味噌と胡麻で和えただけ


2006●ほうれん草の卵巻き
卵焼きの芯にしただけ



なんの工夫もない普通の料理たち。
でも、おいしいよ~。(と思ってるよ、自分では)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日曜日)

産地直送おいしいものたち

2006見るからにおいしそうでしょ?
人参、大根、ほうれん草、白菜、
ブロッコリー、ねぎ、味噌、米。
「野菜が出来すぎたからもらって」なんて、
農家の友人を持って、私は幸せだよ~!

ここんちのお米は、獲れた後に天日干しするんだって。
炊いた直後はどんなお米でもおいしいけど、
冷めても甘くて柔らかいのはそのおかげ?

田舎のいい土と、いい水と、いい空気で育ったものは
本当にすごい。
そして何十年も作り続けていることは、もっとすごい!
「ありがとよーーーさちこーーーー!!」
(と、こんなにお世話になってるのに、人の親を呼び捨て)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土曜日)

アボカドのパスタ

2006下のレシピ集から、もう一品。
アボカドをペースト状につぶして、
パスタにからめるだけ。
驚くほど簡単で、驚くほどおいしかった。

レシピでは、
「茹でたパスタを炒めて、つぶしたアボカドをからめて
塩、コショウ、しょうゆで味付け、刻み海苔をふりかける」
だったけど、私の好みにより、
パスタは炒めずに、刻み海苔はレモンに変更。
一緒に茹でた春キャベツも入れてみたよ。

うす緑の小山、青虫が寄って来そうなパスタのできあがり。
そしてパスタとキャベツの茹で汁は、そのままスープに再利用。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金曜日)

もうひとつのおもてなし

2006高野豆腐のつるるん煮

揚げだし豆腐みたいですが、
片栗粉をつけて焼いた高野豆腐なんです。
ふわふわした食感がおもしろい。

友人から送られてきたステキなアトピーコラム&レシピ集
"もうひとつのおもてなし"の中から作ってみました。

文章を少しご紹介 --------------------------

私は時々、人から
「フランス料理やケーキが食べられないなんて、かわいそうね」
と言われます。というのは、私はアトピー体質のため、
制限の多い淡白な食事をしているからです。

でも最近は、野菜、豆、豆腐、海草といった、体によいものを
毎日食べられることは、むしろありがたいことだと思っています。
無農薬の食材にこだわったりできるのも、恵まれたことだと
思います。
またこの頃は、こういう食事にこそ本当のおいしさがある、
と感じられるようになりました。

-------------------------------------------

私もアトピーが酷かった時、しばらく食事制限をしていました。
外食なんてもちろんできなかったし、ケーキやチョコレートなどの
甘いものは、存在を忘れるほど長い間口にしていませんでした。
何でも食べられるようになった今でも、過食をすると体調を崩すし、
油や糖分はやっぱり、私の体には合いません。
でも"食の大切さ"や"食べられることのありがたさ"に気づいたのは
この方と同じように、アトピーのおかげなのです。

我が家の日常の食事は野菜中心で極端に薄味です。
そのほうが素材の味が感じられて、おいしいと思うからです。
また、人が来ても特別なおもてなし料理は作りません。
品数が少し増えるだけで、いつも食べている普通の料理です。
そうするのは、体に負担をかけるようなものを、
お出ししたくないという気持ちもあるからです。

それでもみんなが「おいしい」「元気になれそう」と食べてくれるのは、
世の中が飽食になりすぎて、こういう料理がかえって新鮮に
感じられるからでしょうか?
おいしいもの=豪華のもの、カロリーの高いもの
という時代は、もう終わったのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金曜日)

リンデのビアプレッツェル

2006うわぁ~おいしそぉ~~!
2年ぶりだよ、吉祥寺リンデのドイツパン。
カイザーとプレッツェルとミッチェレと・・
う~ん、あとは名前忘れた。


2006でも、私が好きなのは
こういうライ麦100%のハードなやつ。
酸味があって、チーズやスープに
よく合うのです。
ずっしり重くて「食べた~」って気がするし。

2006そして、一番好きなビアプレッツェル。
材料にビールが入ってるのかと思ったら、
つぶ塩が乗ってて硬いところが、
ビールに合うということみたいです。
この形、人が腕組みをしたところなんだって。
詳しくはここの”パンのお話”を見てね。

関西にはドイツパンのお店があまりないんです。
三宮で見つけたけど、プレッツェルは売ってなくて残念。
どなたか、見つけたら教えてね。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年2月14日 (火曜日)

バレンタインデー

忘れてた!
今日はバレンタインデーじゃないですか?
雨が降ってるし、買いに行くのも面倒だし。

うちにあるチョコレートは・・・・
おっ、アメリカ土産のチョコチップがあるじゃないか。
これでなんとかならんかい?

2006卵1個とバターと砂糖と塩
小麦粉、ベーキングパウダー
量は全部適当。
ヘラでグリグリと混ぜて
お弁当用のカップに入れて
このナッツ&チョコをトッピング。

ここまでの所要時間、約8分。
180度に熱したオーブンで焼くこと10分。

2006こんなんできました。
18分で作ったにしては、まずまず?
味も結構よかったよ。
家庭のおやつなんて、こんなもんで十分!
と、またまた得意の言い訳ですが・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)